ロードバイクやクロスバイク、室内用のエアロバイクの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

自転車の種類

ロードバイクに乗る女性

自転車ダイエットに興味を持っている人は、まず自転車を用意しなければなりません。

 

近所への買い物や通勤に使用している自転車があっても、1度見直す方が良いでしょう。

 

俗に言うママチャリタイプの自転車でもダイエットは可能なのですが、長時間お尻に負担が掛かると痔になる恐れがあります。

 

安全に自転車ダイエットをするなら、自転車選びから始めるのがポイントです。

 

ロードバイクやクロスバイク、部屋の中で使用できるエアロバイク、様々な自転車が存在しています。

 

ここではそれぞれの自転車の特徴やメリットとデメリットを紹介して行きます。

 

自分の好みや目的に合致する自転車を見つけて、楽しく快適なダイエットを行いましょう。

 

ロードバイクの特徴

ロードバイクは走ることに特化した自転車で、タイヤが細くドロップハンドルになっています。

 

前傾姿勢になり、お尻と頭の位置が平行になるようなスタイルで走るのも特徴でしょう。

 

トンボ型のフラットハンドルとは違うので、初めて乗る人は慣れが必要です。

 

ロードバイクのメリット
  • 消費カロリーがかなり多いのでダイエット効果は高め
  • 腕とお尻で体重を支えるので痔になりにくい
  • スピードが出るので快適に走れる

 

ロードバイクのデメリット
  • 10万前後と高額な購入費用が発生する
  • ドロップハンドルなので慣れるまで練習が必要
  • スピードが出るので人通りが多い場所には向いていない

 

 

クロスバイクの特徴

クロスバイクは快適に走ることを前提にした乗りやすい自転車なのが特徴です。

 

細いタイヤにフラットハンドルなので、大抵の人は違和感なく乗りこなせるでしょう。
こちらも前傾姿勢になって乗る自転車なので、お尻への負担が少ないのもポイントです。

 

クロスバイクのメリット
  • 消費カロリーが多いのでダイエット効果は高め
  • 腕とお尻で体重を支えるので痔になりにくい
  • フラットハンドルなので乗りやすい

 

クロスバイクのデメリット
  • 5万前後とやや高額な購入費用が発生する

 

 

エアロバイクの特徴

エアロバイクでダイエットする男女室内で自転車ダイエットを行うならエアロバイクがぴったりです。

 

テレビを見ながらマイペースにダイエットが出来るので、日常への負担は少なくなります。

 

多機能で便利なエアロバイクが登場しているので必ずお気に入りが見つかるのもうれしいです。
値段も安いものから高額なものまで幅広く揃っているので、予算に合わせて選べるでしょう。

 

エアロバイクのメリット
  • 室内でダイエット出来るので外へ出なく良い
  • 消費カロリーが表示されるのでダイエットを実感できる
  • ペダルの重さを変えられるのでより効果的なダイエットが可能

 

 

エアロバイクのデメリット
  • ダイエット専用なので外出には使えない
  • 室内に置いておくスペースが必要
  • マンションだと騒音になる恐れがある
ページの先頭へ戻る