ダイエットを始めるなら、カロリー消費が多くなる自転車を選びましょう。

ジーンズのチャックが閉まらない女性

世の中には、社会人生活のスタートや出産を機に体重が増えてしまう人が非常に多いです。

 

社会人になると毎日が仕事で染まってしまいますし、飲み会で暴飲暴食を行うことも増えて来ます。そうなると自然とお腹や腕周りがたるんで行き、サクッと生活習慣病の仲間入りです。

 

出産でボディラインが変わり、服のサイズを1サイズ大きくしなければならないこともあるでしょう。

 

太ってしまったのならダイエットで痩せたいと誰もが思います。

 

ですが、ツライ食事制限やジョギングを長期的に続けるのは非常に高いハードルです。

そこでおすすめしたいのが自転車を使ったお手軽ダイエットです。

 

自転車の消費カロリーは運動強度の高いジョギングとほぼ同じで、誰でも簡単に行えるのが魅力的です。

消費カロリーや毎日行える自転車の活用術など、自転車がダイエットに向いている理由を紹介します。

>>自転車の種類紹介へ

 

 

自転車の消費カロリーはどのぐらい?

体重や自転車で走った距離、スピードによって消費カロリーは異なります。

 

METsという消費カロリーを計算する方法を参考にしつつ、ここでは体重別にまとめてみました。

さっそく、自転車で1時間ほどサイクリングした場合の消費カロリーを見てみましょう。
  • 体重50キロの人は約309カロリー消費
  • 体重60キロの人は約371カロリー消費
  • 体重70キロの人は約433カロリー消費
  • 体重80キロの人は約495カロリー消費

ちなみに、1時間ウォーキングした時の消費カロリーが約250から300カロリーと言われています。

 

ジョギングした場合は上記の消費カロリーに1.3倍する計算になるので、サイクリングはウォーキングとジョギングの中間に位置することになるのです。

 

毎日ジョギングするのは大変ですが、サイクリングするだけなら簡単だと感じないでしょうか?
明らかに疲労感が違いますし、快適さもケタ違いなのでおすすめです。

 

 

 

通勤を自転車に変える

自転車通勤イラスト

なかなかサイクリングする時間が取れないという人は、通勤に自転車を使ってみるのも良いでしょう。

 

満員電車から解放されますし、軽い運動は脳を活性化させるので仕事効率のアップにも繋がります。

 

会社までの距離が遠過ぎるなら、自宅から2駅ほど隣までサイクリングするのも効果的です。

 

 

電車の定期券を2駅隣から購入すれば節約になりますし、無理のない範囲でサイクリングを継続させられるでしょう。

 

駅から駅までウォーキングしようとするとかなりの時間を確保しなければいけませんが、サイクリングであれば短時間で済みます。

 

体力の消耗もそこまで激しくないのもおすすめポイントなので覚えておいてください。

 

 

 

1日30分から1時間のサイクリング

サイクリングでダイエットを目指すなら、1日にどのぐらいの距離を走れば良いのでしょうか?

目安としては30分から1時間で、10キロから20キロほどサイクリングするのが適切です。のんびり自転車を走らせているだけでは負荷が掛からずダイエット効果が薄れてしまいます

 

 

そこで大切なのが、30分から1時間で10キロから20キロを走るという点です。
時間と距離をセットに考えてサイクリングするように心掛けてみてください。

 

何の目的も無くふらふらするだけだと退屈になってしまうので、通勤以外で自転車に乗る場合は目的地を決めると良いです。

 

近くの公園に行って帰って来る、遠くにあるスーパーへ行って帰って来る、などが分かりやすいでしょう。

 

自宅から見て5キロから10キロほど離れた場所を目的地にすると、往復で程よい距離になります。
スマホの地図を活用すれば簡単に距離が分かるので調べてみてください。

 

 

競輪選手は引き締まった身体になっている

競輪選手

時々ですが、どれだけサイクリングをしてもダイエットにならないと言う人がいます。

 

負担を感じないし身体が引き締まるイメージが持てないと考えているのです。

しかし、競輪選手を想像してみて欲しいです。

知っている人がいなければ、スマホで競輪選手を検索して探してみてください。

>>「KEIRIN.JP」で競輪選手をチェック

 

例外なく競輪選手は身体が引き締まっていて、魅力的な体型になっています。

 

プロのアスリートと比べるのは違うと感じるかもしれませんが、少なくとも自転車はスポーツなのです。それだけ身体に負荷が掛かり、カロリーが消費されるものなのです。

 

競輪選手の身体と同じになるのは大変ですが、それに近付くために自転車を活用するのはありです。簡単な自転車エクササイズを試して、理想の身体を取り戻しましょう。

 

>>競輪選手のトレーニング方法へ

 

競輪は、着順を予想するギャンブルの要素ばかりが注目されがちですが、選手の肉体美も魅力の一つです。

 

実際に競輪場に行ってレースを観戦すれば、その臨場感に驚くことでしょう。

 

競輪場に行ったことがないような初心者の方にとっては、最初はなかなか敷居が高いように思われがちですが、最近では競輪もかつての人気を取り戻しつつあり、それに伴って競輪予想サイトも増えています。

 

初心者向けの解説から、予想のサポートまでしてくれるので、競輪場デビューをスムーズにするための心強い味方になってくれるでしょう。

 

ただし予想サイトの中にも良し悪しがあるので、事前によく調べて、最適なところを選定することは非常に大事になってきます。

競輪予想サイトを徹底比較

ページの先頭へ戻る